一般財団法人 自動車利用者保護機構

ライフラインアプリについて


『車が故障した時、どこに電話すればいいのだろうか?』
『電話した時どんな事を話せばいいのだろう?』
『電話したら直ぐに来てくれるのだろうか?』

そんなあなたの悩みを少しでも解消するために、
スマートフォンを活用した全く新しい次世代型のロードサービスシステムを
一般財団法人自動車利用者保護機構が提供します。



新しい次世代型のシステムの名前は『ライフライン』です。
「ライフライン」は、事故、故障などのクルマのトラブル時に、スマートフォンでレッカー車が呼べるシステムです。
アプリからレッカー出動要請を行うと、自動車利用者保護機構の加盟店に通知され、すぐに出動できる加盟店からレッカー車が出動します。
(※あらかじめレッカー会社の指定がある場合は、指定の会社に優先して通知されます。指定会社が出動できない場合は、他の加盟店に出動要請が通知されます。)
現場の位置はGPSで指定、事故状況はスマートフォンのカメラで撮影していただくことで、スムーズなレッカー手配が可能です。
また、加盟店の中から指定整備工場を登録していれば、レッカー出動時に整備工場にも状況が配信されるため、整備工場への連絡も簡単になります。
万が一のトラブル時もカンタン操作で落ち着いて対応できます!
※レッカー手配機能は、福島県内からの呼び出しに限りご利用いただけます。(2016年7月現在)

カンタン操作でレッカー手配

万が一のクルマのトラブル時にも、スムーズにレッカーを手配することができます。(個人情報、車両情報の登録が必要です。)


STEP1 STEP2 STEP3
地図上で、レッカー車に来てほしい場所を指定してください。 場所、依頼者氏名、車両情報、事故画像など注文内容を確認し、「決定して送信する」ボタンを押すと、加盟店に出動要請が通知されます。 レッカー手配が行われると、トップ画面に「レッカー手配中」と表示されます。レッカー会社からの連絡をお待ちください。
【GPS機能】 【注文画面】 【レッカー手配】
GPS機能にて、マップを動かして事故の場所を確定してください。 注文画面にて、注文内容を確認し、「決定して送信する」ボタンを押すだけです。 レッカーを手配しました。レッカー会社からの連絡をお待ちください。

※レッカー手配機能を利用される場合、個人情報、車輌情報の登録が必要です。
アプリ使用料は無料です。自分の周りの車を持っている友達にも教えてください。
ダウンロード方法は こちらをクリックしてください。




便利な機能でお客様をサポートします


GPSによる現在地指定や、レッカー車の到着予定時刻のお知らせ、レッカー手配履歴の一覧表示、近くのロードサービス会社の検索など、数々の便利な機能でお客様をサポートします。

ダウンロード方法

「ライフライン」は、App Store、またはGoogle Play Storeより無料でダウンロードいただけます。
お使いのスマートフォンでこのページを開き、以下のボタンをタップするか、各アプリストアを「ライフライン」または「自動車利用者保護機構」で検索してください。

iPhone版のダウンロードはこちらから  Android版のダウンロードはこちらから

※このアプリは通信が必要となります。
※このアプリはGPS機能を利用し、位置情報の取得を行います。
 天候や通信環境によって位置情報を正確に取得できない場合がございます。
※天候によって、レッカーの手配ができない場合がございますので予めご了承ください。
※注文後のキャンセルは、出動レッカー会社にご連絡ください。
※レッカー配車機能をご利用頂ける範囲は、以下の通りとなっております。

  • ・福島県(2016年7月開始)

ページトップへ